ポケットモンスターLet’s Go ピカチュウ&イーブイのSwitch本体セット、ゲットだぜ!!

2019年2月17日

どうも皆さん、あた坊です!

 

Twitterでは発売日に報告をしたんですが、買いました、買っちゃいましたよ!!

「Nintendo Switch ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウセット (モンスターボール Plus付き)」!!

 

ずっと欲しいと思っていたSwitch。

ゲームブログを書いているにも関わらず最近最も熱いトレンドを持っていないという自責の念に駆られていたわけなんですが、スマブラが来月に発売、そして普通の本体よりもオリジナルデザインのものが欲しかったので、スマブラSPバージョンとどちらがいいか熟慮した結果がこっちでした。

 

 

「なんだかんだ言っても、やっぱりピカチュウだよね」

 

 

 

1998年にゲームボーイ向けに発売された「ポケットモンスター ピカチュウ」通称ピカチュウ版の3Dリメイク作品で、スイッチ本体との同梱版なわけです!

(ゲームボーイ版のソフトは含まれていませんのであしからず)

 

・ピカブイオリジナルスイッチ本体

・ポケモンLet’s Go ピカチュウ(DL版が本体に内蔵)

・モンスターボールPlus

・ニンテンドーオンライン3カ月利用権

 

主な内容物はこの4つ!

これで約41000円でした。安い?高い??

 

本体の裏側はこんな感じ。

ピカチュウ、イーブイ、そしてモンスターボールのシルエットがおしゃれ。黒にシルエットっていうのがシックでいいですよね。かわいい。

 

スイッチといえばこの2本のジョイコン。Wiiリモコンの超上位互換といえる全く新しいコントローラですが、発売当初はストラップを付けたら取れなくなったとか、いろいろ騒動がありましたよね。

でも今回購入したスイッチではそのようなこともなく、ロックもできるようになっていてすんなり取り外しができます。

付属品の、普通のコントローラーっぽくできるグリップに装着するとこんな感じ。

なんだかカラーリングがシュークリームの皮とクリームみたいですね。完全に。

 

もう一つは、「モンスターボールPlus」というこのポケモン用新型コントローラ

一見、どこがコントローラなんだ?と思うかもしれませんが、白い丸ポチがスティックになっており、押し込むことでAボタンになります。

そしてこれ、実はボール上部がボタンになっていて、押すことができます。これがBボタンとして機能します。

振ると、なんとYボタンとして機能するので、ただのボールのようなのに「スティック+3つのボタン」を搭載しているんですね!

 

Let’s Go ピカチュウのソフト自体のレビューのほうで、良い点悪い点を挙げていこうと思います。

 

 

とりあえず、スイッチを起動してみて思ったことは、「任天堂はWiiUでの失敗を活かせた」ということです。

あらゆる部分がシンプル。

なんでもかんでも詰め込んだ割には、起動が遅かったりゲーム専用機としても微妙な使い心地だったWiiUから、とにかくシンプルにゲーム以外の要素を排除したスイッチは全くと言っていいほど対象的。

起動が一瞬で、据え置きと携帯をも簡単に切り替えられるのは、わかってはいたんですがやっぱりすごい。

でも解像度に関しては案の定、テレビと携帯では差がありますね。家にいるときはできるだけテレビで遊びたいかな。

 

 

 

大きな不満がひとつ!!

それは、せっかくPS4以上にキャプチャが撮りやすいにも関わらず、画像や動画をUSBメモリで直接転送することができないんです!

いちいちマイクロSDカード(別売り)を取り出してPCに移動させなくてはならないのは面倒この上ない…

(すいません、これは全てのスイッチに対しての不満でした…)

 

 

 

「ピカチュウが

とにかくかわいい

こりゃイーブイ」あた坊ポケモン川柳

 

 

近いうちにゲーム自体のレビューも上げる予定なのでお楽しみに!!