【PS3】舞台はアメリカ独立戦争、自由のために立ち上がれ!「アサシンクリード3」レビュー

2018年10月28日

どうも、アサシン教団ゲーム銭湯支部長のあた坊です。

 

今回は、アサシンクリードシリーズのナンバリング3作目、「アサシンクリード3」をレビューしていきます!


日本では2012年11月にPS3とXBOX360向けに、そしてその翌月には本体と同時にWiiU版が発売されました。

 

先に言っておきます。

シリーズの中で、

3が一番好きだーーーーー

 

 

良いところ

■熱すぎるアメリカ開拓時代

舞台は18世紀アメリカ。イギリスから多くの軍人が新大陸であるアメリカを自分たちのものにすべくわたってきます。

はじめは今作の主人公であるコナー・ケンウェイ(本名ラドン・ハゲードン)の父親で、テンプル騎士団かつイギリス人というコナーとは真逆の存在であるヘイザム・ケンウェイを操作します。

主人公のコナーはイギリス人の父親とネイティブアメリカンの母親の間に生まれた、この時代のまさに大きな狭間に位置する存在なんです。

ワシントンやベンジャミン・フランクリン、チャールズ・リーなど歴史の教科書に出てくるような大物たちと出会い、自分のルーツゆえに葛藤し続ける若いコナーを描く、最高に熱いストーリーとなっています。

あの有名なボストンお茶会事件で、主人公たちが加担しているのを見ると笑えます。あの歴史的事件に俺関わってたんだぞって言いたくなるような笑

個人的にはアサシンクリードシリーズの中でストーリーは断トツで好きです。

映画的なカメラワークやQTEなどの演出も相まって、重要なシーンでは息をのむこと間違いなし!

 

■アサシン×ハンター

森を駆け巡り、弓で動物を狩る。

これまでのアサシンよりもずっと粗削りで、力には自信のあるコナーは、コナーの象徴ともいえるトマホークで敵をぶった切ります!超格イカす!!

そして次回作である4の先駆けとして、船でのバトルも登場!こちらは次回作に比べるとまだ粗削りですが、マンネリ打破には一役買っていますね。

馬での移動も増え、その土地にあったいろいろな戦い方を考えられるのは楽しいところです。

 

■全く新しいエンジン

今作は進化した「アンヴィルネクストエンジン」というもので開発しており、これまでにアサクリとはグラフィックの質感、アクションのスムーズさと、あらゆる点で滑らかになっています。

バトル時のアクション、クライムのアクション、そして今回は森が舞台ということもあり、木の上を駆け巡ることもできるスムーズな操作性を実現しています。

PS3でこれだけきれいなグラフィックができるのかと、当時は感動しましたね。

森や雪山、砂ぼこりが舞う発展途中の街… 今までの作品とは異なった、ワイルドな良さがあります。

 

しかし、ワイルドすぎちゃったんですね。この変更はシリーズ最大の汚点として今作を貶めてしまうことになるんです….(後述)

 

■圧倒的なやり込み要素

過去作にあったコレクティブアイテム系に加え、酒場でのミニゲームや、交易を行うことにより集落を発展させる

シミュレーション的なものまで幅広く、世界観が好きな人ならとことんのめり込みそう。その分トロフィーの難易度も高いですね。

 

■デズモンドの現代編がついに完結!

ネタばれになるので詳しくは書けませんが、長く続いてきたデズモンドの物語もついに佳境を迎えます。果たしてハッピーエンドかバッドエンドか…!?

このころにはデズモンドやその仲間たちへの思い入れもかなりのもので、3の評価を上げてくれる大きな要素の一つとなっています。

逆に4以降の現代編はデズモンドではなく、しかも一人称視点になってしまってかなりショックでした…

 

悪いところ

■バグの嵐、ラグい

当時かなり問題になっていました。発売直後は酷かったらしい…

私は発売から少したってからプレイしたので、ある程度修正パッチで改善されていたみたいですがそれでも、隙間に挟まって動けなくなったり、進行しなくなってミッションの最初からやり直さなければならないこともありました。

バグよりも気になるのはラグですね。

表示人数が多くなるとフレームレートがかなり低くなり、カックカクになります。基地の襲撃の際はとくにイライラすることはありましたね。

逆に街の高い建物のてっぺんで空を見上げると、何も視界に入っていないので目に見えてヌルヌル動くっていう笑

この辺はもうPS3では不可能だったのでしょうね。以前家電量販店のPCコーナーでハイエンドPCで今作のPC版の試遊をしたんですが、美麗でヌルヌルでした….(PCには勝てない)

 

■ロードが長い

これも修正されてきているのだとは思いますが、アサクリシリーズ、オープンワールドあるあるですね。

敵にやられるとロードしなおすんですが、アサクリ特有のキャラを操作して待つアレ。いつまで走らせるんや!

 

まとめ

■お願いだからPS4でリマスター出して!

ただそれだけです。本当に面白いです。熱いです。でも今PS3でプレイするのはパフォーマンス的にうーんって感じなので、PS4で綺麗な60fpsのリマスターをぜひ出してほしい!というか出さないともったいない!

レビューを書くにあたって公式サイトを見ていたんですが、とんでもない考察ページが存在していたので気になる方はこちらも是非。

 

隠れた名作ですね。冒頭にも言いましたが、アサクリシリーズで何が一番好き?と聞かれると、迷いなく「3」と答えます。そして、たいていびっくりされます。なんでだろう。

 

ちなみに何年か前のUBIDAYにて、コナーのトマホークが描かれたTシャツを500で手に入れ、かなりお気に入りです。

これを着ていて、「3いいよね!コナー格好いいよね!!」って言われた時は最高の気分でしたね!

 

ちなみに最近、「アサシンクリード3 コナーサーガ」という、今作とVita向けに発売されたレディリバティのPS3HDリマスター版、サウンドトラック、そしてエンサイクロペディア!がセットになった最高のアイテムをAmazonで3000円程度で買いました。(安すぎる!人気ねえ!!)

レディリバティHD、そしてファン必見のエンサイクロペディアのレビューも後日公開したいと思います!