【ウイイレ2018】発売!ざっくり遊んでみた感想

2018年10月28日

どうも皆さん、あた坊です!

 

今年も欧州の夏のマーケット終了し、ついにサッカーゲームの秋がやってきました!!

 

今回ライバルに2週間程差をつけて先に発売したのはウイイレ!

2017年9月14日(木)発売です!

FIFA派の私も先行発売の誘惑には勝てませんでした。

今回は、軽く遊んでみた感想を書いていこうと思います!

 

 

モッサリ感が薄まった?

去年に比べ、あの近年ウイイレのモッサリ感が軽減された気がします!

パスも弱すぎて通らずイライラでしたが、今回はそれもありません。

体験版をやった限りではFIFA18はかなりスピーディで、個人的に最高傑作かもしれないんですよ!

それに負けじとウイイレもよくなったのはよかったよかった。

 

 

ライセンスはいつも通りのウイイレ

ライセンスは…お察しでした。期待した僕がバカだったのか。

プレミアリーグはアーセナルとリバプールのみで、バイエルンが偽名ですら登場していないのも去年と同じ。

どんな大人な事情があれど、バイエルンを出さなきゃ世界中のサッカーファンは納得するわけがありません。だってCLベスト4常連ですよ?せっかくCLのライセンスあるのにw

まあウイイレがこうなのは何百年も前からのことですし、だからこそ海外サッカーファンの我々はFIFAを待っているわけであります。

神データが配信されるまでの辛抱ですね。

 

 

グラフィックは…

一応去年のと同じ選手ジャカで比較。

2017

2018

少し質感がよくなったかな….

FIFA18ほど、昨年からの劇的な進化は見られないですね。

まあもともとグラフィックはウイイレのほうが圧倒的なので、妥当ではありますが。

 

 

選手の顔写真が!

FIFAに見習って、ウイイレもついに選手の顔写真を導入!

…したのはいいんですが、ライセンスの関係等大人の事情で取れなかった選手はゲームのモデルが表示されます。

正直違和感はあります。ですが、マン レッド(マンチェスターU)やMD ホワイト(レアルマドリー)等ライセンスンのないチームでも、主力選手のほとんどはしっかり写真が用意されていました!よかった!

 

 

豪華すぎるBGM

なぜか、あの世界で大人気ブルーノ・マーズの24K Magic、先日訃報のあったリンキンパークやコールドプレイなど今までのウイイレではありえなかった超豪華メンバーが参戦!格が違うぜ…

 

 

全体的なUIデザインがよくない。

あと、去年のウイイレでも思っていたことですが、

全体的なUIデザインがわかりづらい&センスがない。

例えば試合中のメニュー表示でも横幅に項目が収まってないんで、左右にスライドしていかなきゃいけないんですね。

これくらいまとめてほしい。画面にすべて表示されていないとわかりにくいんですよね。

これならPS3時代のウイイレのデザインのほうが好きでした。

しかもどこのメニュー画面もほぼ前作と同じ。

真新しさがないのが残念。2017やってるみたいですもんね。

 

 

バルサに媚びすぎ!

去年に引き続き、これでもかというくらいバルセロナに媚び売ってます。パッケージが日本代表になっただけマシですが。

最初のタイトル画面なんか完全にやっちまってました。

ネイマールさ~ん、あなたいちゃいけない人ですよw

バルサファン大歓喜、私のようにバルサ嫌いは…(なんとか耐えれるレベル)となるはずなんですが、バルサファンですら見たくもないネイマールを見せつけられてもはや誰も得をしないタイトル画面となっています。

早急に差し替えお願いします。

 

 

まとめ

まだちょっと触っただけなので、詳しいモードとか試合の感じとかまだまだ分かりませんが、去年とあんまり変わっていないところも多いですね。

でも何試合かやってみて、パスも通りやすいしシュートも強いしで操作の感覚はいい感じ。

今年のウイイレ、なかなかいいじゃん!

 

久しぶりのウイイレとして、もしくはFIFA18までの繋ぎとして、全然アリかと!