HITMANはあのゲームにそっくり!?箱庭をうまく活用する方法

2018年10月28日

どうも皆さん、あた坊です。

 

最近私が絶賛ドはまりしています「HITMAN」ですが、プレイしはじめてまず感じたことがあったんです。

それは、

箱庭の使い方がうまい!

 

 

限られた空間を最大限活かす

開発規模や予算の都合により、GTAのような超巨大箱庭(オープンワールド)なんてほんとに限られたところでしか作れないんですよね。

最近はユニティやアンリアルエンジン等ゲーム開発用のエンジンが普及したことにより、少人数でも3D空間を構築することができるようになってきましたが、広さよりも密度を重視せざる負えないんだと思います。

 

今作HITMANは、小~中規模のステージをいくつも用意することによって、ひとつひとつに重きを置いてじっくり楽しめるようになっています。

ステージごとに国(都市)が異なるので、個性豊かで飽きない。逆にこれだけ各ステージこだわって作られていることには驚愕です!

 

 

「変装」システムの秀逸さ

ヒットマンシリーズの魅力といえば、他のステルスゲームとは一線を画す「自由度」。その代表ともいえるのが「変装」です。

この変装というシステム、ただ単に目の前の敵をやり過ごせるだけというような簡単なものではないんです。

変装することによって、見える世界が全く変わってしまうんです。

 

例えば、一般人の状態では侵入してはいけない場所があるとします。そこで見つかってしまうと疑われてしまうので、そこにいても大丈夫なスタッフに変装しましょう。すると建物中にいるほかのスタッフはだませるかもしれませんが、管理職的な地位のスタッフにはばれてしまうんです。それでまた別の人に変装すると別の障害が現れて…

変装して一気に駆け抜けよう!と思ったら、今までは騙せていた人たちが今度は敵になっていて、場所によってはもっと難しくなっていたり。

ステージ自体はそこまで広くなくても、人間の数はとっても多い。群衆をほぼ処理落ちなしで表現しているのは凄いの一言。人間が多いということは、そのいろいろな「人間」たちが非常に重要になっているわけで、人間が生きているリアルな空間を感じることができるんです。

有名人や偉い人に変装してやりたい放題できたりするのもネタですよねw

 

私が遊び倒したイタリアのステージなんかは、花屋になって屋敷に入ったり、精神科医や探偵、ゴルフコーチになってターゲットと一対一で会えたりと方法がたくさん。暗殺の仕方もかっこいいものからふざけたものもまでいくらでも考えられるんです。

こんなの面白くないはずがない!何度でもやり直したくなる魅力がそこにはあるんです。

 

 

 

 

日本的な考え方

広くて浅い空間より、狭くても深い空間。欧米と対をなす日本のゲームによく見られる特徴です。タイプは違いますが、モンスターハンターや龍が如くなんかもその代表的なものだと思います。

 

私が今作のHITMANをプレイしていて一番感じたのは、これはムジュラの仮面にそっくりだ!ということだったんです。

ゼルダの伝説ムジュラの仮面は言わずも知れた名作ですが、この作品は前作時のオカリナからかなり短い期間で発売されたことでも有名。

時のオカリナのデータをできるだけ使いまわし、狭い空間で見事に深い物語を完成させたわけですが、このゲームもヒットマンでいう変装にかなり近い仮面というシステムがあります。

あらゆる仮面を駆使することによって、登場するキャラクターたちの態度が一変。物語を違う展開へ導いてくれるんです。

 

ヒットマンの変装システムとムジュラの仮面システム

こんなに遠い位置に存在するようなゲームでも、限られた空間の中で深みを見せる、違う景色を見せる方法としてはかなり近いものがあるのではないかと一人で思っていたりします。

 

メタルギアソリッド3でも敵の偉い人に変装できるのがありましたが、あれも似たような感じでしたね。

 

 

まとめ

開発はデンマーク(!)の会社なんですが、日本のゲームっぽい印象を受けます。

UIもしっかりしているし、いちいち丁寧なので、昔の洋ゲーにありがちな不親切さはありません。

和ゲーと洋ゲーの良いところをミックスさせた、非常に完成度の高い作品になっていると思います!

 

 

HITMANの魅力が詰まったワンシーンもぜひ!