【PS】音楽とスノボが融合した超謎ゲー!「R(アール)」レビュー

2018年10月28日

どうも皆さん、洋楽大好きあた坊です。

 

 

今回紹介するのは、ついこの前ハードオフ小金井店にてジャンク品として買ってきた、

「R(アール)」というゲーム!

1999年にファブコミュニケーションズというところから発売されたらしいこのゲーム。

もうパッケージからして怪しい!怪しすぎる!!タイトルすらよくわからなったパッケージですが、その謎の魅力に惹かれてしまいました。

 

当時人気だったロックバンド「PENICILLIN」のギタリスト「Chisato」を筆頭に、何人かのアーティストたちが参加し、プロのスノーボーダー達と夢のコラボレーション!

音楽 × スノボ

 

すごいゲームだ…

 

 

良いところ?

■ナウいぜ!おしゃれなデザイン!

バンド活動するためにSWATからスノボで逃走して、アメリカ中を移動するという驚愕の設定なのですが、おしゃれ感はすごいです。

デザインはどこも凝っていますね。イメージ的にはジェットセットラジオ的な雰囲気でしょうか。

 

 

■少しだけ面白いスノボアクション

PSのクールボーダーズ的な感じで、スピードに乗ってテクニックを決めていきます。

コース内にしょっちゅう出てくる、敵だか何だかの棒読みボイスがかなり笑えます笑

 

 

■ファンはうれしい!?

登場アーティストのファンはきっとうれしいであろう内容となっています。

ジャンク品なのに、初回限定版であるカードが入っていました。

表はゲーム内のキャラクター、裏はそれぞれのキャラクターのモデルとなっているアーティストのブロマイドに。

時代を感じますね…

 

さらに、ゲームディスクともう一枚、フォトアルバムなるものが。

なんとアーティストたちの秘蔵写真が!!

PSじゃ画質悪すぎて全然見えねぇ!!!

きっとファンであればそれすらも楽しめると思います。きっと…

 

 

悪いところ

■全体的に謎すぎる

とにかく謎!

特に音楽パートは目標もなくポイントという概念もない。ただひたすらボタンを押して演奏するんです…

 

いや、悪いところではないのかもしれません。私はこういうゲームも好きですし、逆にこの時代にしかできえなかったものとして必要だとも思います。

(あくまでこれは発売から8年経ったゲームを100円で買ったからであって、新品定価だと….)

 

まとめ

■謎ゲー好きとファンのためのアイテム

正直プレイ時間は15分も持ったかどうか笑

制作者の独創性には敬意を表し、もうケースを二度と開くことはなさそうです!

 

 

R (アール) 初回版
ファブコミュニケーションズ
1999-04-01