感情的にゲームをプレイして後悔した思い出

2018年10月28日

どうも皆さん、元感情的ゲームプレイヤーのあた坊です。

ゲームプレイヤー研究家であるシュウ氏の、
【コラム?】自分が今まで見てきた感情的にゲームをするプレイヤー達
という記事を見て、昔自分も、この記事でいう①パワー型:器物破損タイプだったことを思い出してしまったんです…

うう、封印していた記憶が…右腕がうずくッ….!

FIFA11でコントローラを破壊…

image

悪夢のFIFA11…

当時、サッカーゲームはウイイレをやっていた私ですが、現実で応援しているチームが実名で登録されているという魅力に惹かれてFIFA11を購入。
ネットでいろいろ調べた結果、海外版がいいということだったので海外版を買いました(単純に安かっただけかも…)。

ウイイレはかなりの上級者!という、まことにめでたい自負があったので、FIFAもできんだろ!!と意気込んでいたんですね。

コンピュータを最高難易度にして早速プレイ。

….

……..

……………..

勝てねぇ!!
全然パスがつながらねえ、パス遅すぎだろ!!
全然ボールとれねえ、敵チートだろ!!

クソゲーじゃねえか!!!!
(下手過ぎて全然勝てない時ににすぐ言うアレ)

バリーンカキーンバキバキズサー….

image

投げたデュアルショック3は、部屋中を跳ね返った後、破片を撒き散らして無残な姿へと変貌を遂げていました。

傷だらけのボディーに、ありえない角度に飛び出た右スティック(さすらいうさぎ呼んじゃうレベル…)
中にも影響を与えていたらしく、うまく動作しなくなってしまいました。

そして訪れる沈黙。

襲ってきた虚無感と絶望、そして恐怖。
ガキンチョだった私は、涙が溢れて止まりませんでした。

コントローラ君に申し訳ない気持ちで、かわいそうでならなかった…
コントローラ君の輝かしい未来を奪ってしまった果てしない後悔….

もうこんなことは二度と繰り返してはいけないと、心に誓いました。

発散する術を手に入れよう

1ecf18c9a3862f36e508123c5799c03f_400x400

今でもFIFAのオンラインなんかをやっていたりすると、理不尽なことがよく起きて、全身の血液が頭に逆流してくることがあるんですね…

しかし、コントローラを投げたり、ものに当たったりだけはしてはいけない。
冷めたときとんでもなくつらいですからねw

そんなストレスを発散させる方法として、

・サンドバッグ(的ななにか)にタックル

・外に出て体を動かす

・シャワーを浴びる

・ほかの笑えるなにかを見る

ダメなときはいくら挑んでもだめったりするんで、切り替えて忘れ去って、翌日にやったら意外とあっさりできちゃったりしますからね。

大事なアイテムを破壊して、後悔してしまう人が少しでもいなくなることを願います…