【PS4/etc…】タコだって、人間になりたい「オクトダッド -タコと呼ばないで-」レビュー

2018年10月28日

どうもみなさん、すしネタでタコが二番目に好きなあた坊です。

今回の作品は、 稀代のバカゲー、伝説のタコゲー!

オクトダッド -タコと呼ばないで-

をご紹介したいと思います。

okuto

PS4の発表当初からインディーズゲームの代表的な作品として、よく映像に登場していたタコ父さん。

Steamで配信されていたものの移植として、結局PSハードで配信されたのは2015年8月でした。

PS4とPSVita向けで、価格は1600円。

ios版も600円で配信中!

良いところ

■人間として生活するタコという発想!
dbb233c3d0ace106ab92ad82e666c309dfebd789-1098411

なぜか人間の四肢と同じく4本足のタコが、これまたなぜか人間の奥さん(しかも美人で優しい!)と結婚し、なぜか人間の子供二人を授かる!!(普通の人間にだってなかなかできないのに…)

見た目どうみてもタコだし、くちゃくちゃして言葉はしゃべれないし、そもそもまともに二足歩行もできないオクトダッド。

プレイヤーからみて一瞬でタコだとわかるのに、人間っぽくうまく振舞えばゲームの中の人たちにはバレないんです笑

家族との家での生活や買い物、水族館に遊びに行くなど、人間にとってごく普通の日常をタコとしてプレイしていくんです。

このアイデアだけで、私は衝撃をうけましたね…

■超難しい操作!それがいい!
jp1511cusa03037_00octodaddadliestc_s24

思ったように動かせない!

ですがこのゲームの面白いところは、うまく操作できずに家や周りのものを破壊していく様子を見ることなんです。

うまくできないことがこんなにも面白いのか。

普通はうまく操作できないとイライラしますよね?かっこよく操ってゲームをクリアしていくのが目的ですから。

その今までのゲームの基本概念をぶっ壊したと言っても過言ではありません!

一応進行上の目的はあれど、うまくできずにハチャメチャに動いているさま自体がおもしろいですからね。

■タコであることの葛藤、そして家族愛
pht_octodad_dadliestcatch3

どうあがいても所詮タコはタコ。

それを見破り、料理にして食べてやろうという邪悪なコックが現れます。

そんな危機的状態に、家族が立ち上がる。

たった一人の夫のために。たった一人の父親のために。

タコだっていいじゃないか。人間だってみんな違うんだから。

人間にとっては当たり前なのにタコにはうまくできない。だけど、逆にタコにしかできないこともある。

バカゲーのはずなのに、そんな大事なことを教えてくれる、現代社会への皮肉やアンチテーゼをも含んでいるのです()

悪いところ

■逆にうまくなりすぎると、面白くなくなる

もうこれは欠点というか、アイデア勝負の作品で一発勝負みたいなところがあるので、仕方ないとは思います。

慣れるとエリートタコになっちゃうんです笑

長く遊べるわけではないのは確かですね。

まとめ

■アイデアの完全勝利

老若男女ライトヘビー問わずウケる、数少ないネタゲームだと思います。

家族・子供受けもよさそうで、そういう意味では任天堂ハードとは相性がいいかも。

4人(足の数)まで協力プレイが可能で、こっちはもっと思い通りにいかなくて楽しい笑

ぜひ誰かと一緒にプレイしてみてください!パーティゲームとしても盛り上がると思いますよ!

公式ホームページ

dlbtn_ios