【PS3/PS4】謎の折り紙殺人鬼「HEAVY RAIN 心の軋むとき」レビュー

2018年10月28日

どうもカップ麺生活のシュウです!!

今回紹介するゲームは、ずっと気になっていたゲーム、「HEAVY RAIN 心の軋むとき」の紹介です!!

20130812115137

子供ばかりを狙う連続殺人誘拐事件を巡り4人の主人公が謎に迫るアドベンチャーゲーム。
殺害された子供の手には折り紙が握られていた事から「折り紙殺人鬼」と呼ばれ世間を賑わせています。

アドベンチャーゲームと言ってしまうと、文字を読み選択肢を選ぶゲーム。
と考えてしまう人が多数だと思いますが、本作では映画を見るような感覚で物語を観ていきます。
自身の行動や、QTEの結果によってED変化するマルチエンディングとなっております。

■上手く使用されているQTE

本作の特徴は何と言ってもQTE(クイックタイマーイベント)。
こちらは戦闘、逃走。それ以外の場面にも使用されており、ほとんどが話の展開に直結するもの。

hebireinn1

QTEに関してはあまりいいイメージを持っている方はあまり多くはないと思います。
場面に合わせてコントローラーを振ったりするものや銃の発砲を委ねられる場面など、
本作は上手い具合にQTEが使用されており、高い評価を得ている作品となっております。
QTEとは…ゲーム内で画面に表示された特定のコマンドを入力するイベントの一種。主にイベント中に使用される。


■様々な境遇の主人公達から描かれる物語

境遇の異なる4人の主人公達が段々と1つの事件をキッカケに交わっていきます。
正直ここがサウンドノベルの「428」と似ていて自分は楽しめました。

・イーサン・マーズ (声優:宮本充)
元建築家。とある事件をきっかけに原因不明の記憶障害に悩まされている。
息子のショーンが「折り紙殺人鬼」に拉致されてしまい、息子を救う為自ら動く事を決意する。

d998b05f9183e1c1 (1)

・スコット・シェルビー (声優:銀河万丈)
元警察官の私立探偵。「折り紙殺人鬼」の調査の依頼を受け事件を追う。

301e5525a604af67

・ノーマン・ジェイデン (声優:平田広明)
「折り紙殺人鬼」事件を解決する為、FBIから派遣された。
サングラスの様な最新の操作ツール「ARI」を使用して捜査を行うが、精神安定剤の禁断症状に悩まされている。

5e164777fd22c82d

・マディソン・ペイジ (声優:甲斐田裕子)
不眠症に悩む新聞記者。事件の事を聞き出す為、マスコミから追われていたイーサンと出会う。
傷付くイーサンを看病したり、「折り紙殺人鬼」について調査したりと協力的に動く。

be9099e4a012202d

声優が豪華ですね!
どのキャラクターも人間味が溢れており、とても感情移入がしやすいです。
ついさっきまで使用していたキャラクターが別キャラ視点で痛め付けられているシーンは怒りを覚えました…(笑)

 

■違和感のないキャラクターの動作

そしてこのゲーム、クアンティックドリームというフランスのゲーム会社が製作した物なのですね!!
映画のモーションキャプチャー等も行なっているとの事。

ゲーム中のキャラクターの動きに違和感を感じなかったのも納得ですね!

※ネタバレ注意!!

 

▼人によってはイライラする操作性

左スティックで進みたい方向に倒し、R2ボタンで歩行するという中々ない操作性。
PS時代のバイオハザードに近い感じかなぁ? 慣れないとクルクル回る羽目になりますね…。

▼一度見たシーンも飛ばせない

このゲームはスキップが出来ないです。
マルチエンディングのアドベンチャーゲームなので、これがないと少々きついですね。
周回プレイは同じシーンを何度も見る羽目になります。


◉評価
このゲーム、面白いです。ミステリー好き、洋画好きは大体ハマれると思います。
難易度をいつでも変更出来るのでゲームが苦手な方でもプレイできますし、万人にオススメできる一本だと思います。

オートセーブで頻繁にセーブしてくれるんですが物語が気になり、やめ時を見失いましたね!!

◉以下のゲームが好きな人にオススメ
・UNTIL DAWN -惨劇の山荘- (オススメ度100%)
428 〜封鎖された渋谷で〜  (オススメ度70%)

HEAVY RAIN(ヘビーレイン) -心の軋むとき-
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2010-02-18