【PS3・XBOX360】壁を駆ける王子「プリンスオブペルシャ 忘却の砂」レビュー

2018年10月28日

待たせたな!
どうもみなさん、あた坊です。

今回ご紹介するのは、
プリンスオブペルシャ 忘却の砂
です!
(英名はprince of persia the forgotten sands)
※PSP版、海外ではDS版も発売されていますが、このレビューはPS3版とXBOX360版が対象です。

top_logo

UBIソフトから2010年6月に日本で発売された、プリンスオブペルシャシリーズの最新作。
同年には「プリンスオブペルシャ/時間の砂」の映画が公開され、それに合わせての発売のようですね。

初代であるスーパーファミコン版プリンスオブペルシャは日本でも有名で、その後何作も続編が作られている人気シリーズ。同じくUBIソフトから発売されているアサシンクリードシリーズに、壁のぼりなどのアクロバティックなアクションで大きな影響を与えているということですが、2010年のこの作品がシリーズ最後の作品になっていることからも、UBIソフトはこのシリーズに当分力を入れるつもりは無いようです…

そんな歴史あるシリーズを全くプレイしたことがなかった自分。
しかしその最新作を実際に遊んでみて、純粋に楽しむことができたと同時に、もう続編は当分出ないんだろうなということを悟ってしまいました。

■テンポがいいアクション!

2

基本的に剣を使って比較的簡単な操作で大勢の敵を倒すことができ、敵の種類によっては炎・風・氷・土の特殊能力、相手を崩すことができる蹴りなどを使い分けて戦うバトル。

しかしこのゲームの最大の魅力は、アンチャーテッドのような超人的な壁のぼりやジャンプアクション、そしてそれらを駆使した謎解きです!
ストーリーの進行は完全に一本道なのでどこに行けばいいか迷うこともほとんどなく、慣れてくると非常に気持ちよくポンポン進むことができ、道中で手に入れていく特殊能力も相まって、
俺スゲー!!
感を味わうことができます!
特に滝を凍らせながら壁を走ったり壁ジャンプを連続で行うシーンは、本当にかっこいい笑
大がかりな謎解きも、わかったときは気持ちがいいです。

オートセーブのチェックポイントが細かく設定されているのも非常にGOOD。ストレスをできるだけ感じないように配慮されています。

■美麗なグラフィック!

e9ea1bd87c0e9fef6046f29186d489d0cfb21002-177725

当時としてはハイレベルなグラフィックで、2017年現在でも、青空や光に反射する水の表現なんかは、「おおすげぇ…」って思ってしまいました。
炎や砂をまとった巨大な敵やその攻撃も見事で、映画的な演出をより引き立ててくれていますね。

■トロフィー(実績)ブースト!

ストーリーのエンディングまでが短いのもありますが、事前にトロフィーを意識して進んで行けばクリアしたころには大方獲得できていました。さらにどれも作業的なものではなく、楽しみながらどんどん獲得していけるので、トロフィー廚の自分はウハウハでした笑

※しかし!このゲーム、オートセーブなのにもかかわらずチャプター選択が存在しないため、一度過ぎてしまったシーンに戻るには最初から始めるしかありません…ご注意ください。

■少ないボリューム

長くてだれてしまう作品が好きではない自分には、早ければ8時間ほどでクリアできてしまうこの短さはマイナスポイントではありませんが、多くの人は不満を感じてしまうかもしれません。いや、自分も定価で購入していたら感じていたでしょう。少なくともゲーム自体は面白いので、もっと遊びたいとは思いましたね。 

一番感じたのは、グラフィックもアクションもよくできているのに、すこしでも余計なものはそぎ落として、品質は保ちつつもできるだけ予算をかけないようにしている感じがプンプンしたことです。こういうところから、UBIソフトのなかでもこのシリーズはもう見限られれているのかな…なんて勘ぐってしまいました。

先述のチャプター選択がないのもそう、敵の種類も少なく、平坦でいまいち盛り上がりに欠けるストーリーなのもあってかなりもったいないなと思ってしまいます。飽きさせないような工夫は随所にみられ、少しでも面白いものにしようという思いを感じられるだけにね…

とてもシンプルで、気軽に冒険とアクロバティックなアクションを楽しめる作品です。シリーズの中でも知名度が低いようですが、隠れた名作だと思いますので気になった方はぜひ!

これを機に他のプリンスオブペルシャもプレイしてみようと思います!

公式ホームページ 

プリンス・オブ・ペルシャ 忘却の砂
ユービーアイ ソフト
2010-06-24